産後の肌荒れを治すにはすっぽんコラーゲン

産後に酷い肌荒れに・・・

出産は女性にとって、身体的にも精神的にも大きな影響を及ぼすものですよね。
新しい命の誕生に、喜びと感謝で胸がいっぱいになる一方で
これからの子育てへの不安や、自身の体の変化など
ストレスの要因となるものがたくさんあります。

肌荒れの原因とは・・・

妊娠すると女性の体は、女性ホルモンを大量に分泌します。
それが出産と同時に急激に減少するため、産後の体は
ホルモンバランスが非常に不安定になっています。
その不安定な状態は、時間と共に安定していくので
肌荒れが気になっても数か月は様子を見てみるのも一つの手です。

 

しかし、肌荒れの原因は
ホルモンバランスだけとは限りません。
なかなか改善されない場合は、他の原因も解決しないといけません。

 

育児への不安や疲れ、睡眠不足は
なかなか解消するのが難しいものです。
周りに頼れる人がいるなら、迷わず頼りましょう。
頼れる人がいないという場合は、
地域ごとにファミリーサポートなどの支援制度があるはずですので
自治体に確認してみましょう。
何事も、無理は一番良くないことです。
お母さんが倒れてしまっては元も子もないんですから!

 

他の原因としては、水分不足からくる便秘も考えられます。
母乳育児をしている方は、
母乳をあげることで水分がたくさん失われてしまうため
知らず水分不足になりがちです。
喉の渇きを覚える前に、こまめな水分補給をこころがけましょう。

何をやっても改善されない時は・・・

これらの対策をしても、どうにも肌荒れが治らない・・・という場合は
内側からのケアをすることで改善できるかもしれません。

 

私自身の経験ですが、私は第一子を出産後
肌質が変化してしまったようで長いこと肌荒れに悩みました。
スキンケアを変えてみたり、便秘にならないよう気を付けたりしましたが
特に小鼻周りと目元のガサガサが酷く、一向に治りませんでした。

 

これは内側から治すしかないのでは?と思い
すっぽんのコラーゲンサプリを試すことにしたのですが、
これが効果てきめんでした。
私の場合は、なのですべての人に当てはまるとは思いませんが
サプリを摂り始めて一週間ほどでガサガサが気にならなくなり
いつの間にかつるつるの肌になっていました。
産前より肌状態が良くなったんじゃないかと思うくらいです。

 

もし、何をしても肌が改善されないと悩んでいる方がいましたら
コラーゲンサプリを試してみてはいかがでしょうか。
私はすっぽんのコラーゲンサプリを選びましたが、
今はたくさんの種類が出ているのでよく吟味して
自分にあったものを選ぶことをおすすめします。

おすすめしたいのはすっぽんコラーゲンサプリ

私がすっぽんコラーゲンサプリを試すことにしたのは、
よく見ていた子育てブログの方がすっぽんサプリを飲まれていたからです。
肌荒れや疲れが改善されたという口コミもよく目にしていたので、
ダメもとでやってみようかなという気持ちで試しました。

 

自分で調べてみると、すっぽんコラーゲンのサプリにもいろんな種類があったので
価格・原料・返金保証の有無・継続回数の縛りがないことを目安に探しました。
ほとんどのサプリが3000円以内ぐらいで買えるのですが、
数か月継続しないといけないものが多くて困りました。
万が一体質に合わなかったら無駄になるわけですから、そこは慎重にいきたかったです。

 

それから、原料のすっぽんが国産であることには気を付けました。
いろいろ調べていて、国産と外国産のすっぽんでは全く効果が違うということを知ったからです。
多くのすっぽんサプリに使われている外国産のすっぽんは台湾産で、
環境や餌、育て方の違いなどから栄養価が大きく変わるそうです。
含まれるコラーゲンの量も変わってくるため、同じすっぽんサプリでも
全然効果が実感できないサプリになってしまうようです。

 

いろいろなすっぽんサプリを比較したい方におすすめのサイトです。
すっぽんコラーゲンを初めて試す人向けのランキング

すっぽんコラーゲンの効果

すっぽんは、人間の健康維持に必要なアミノ酸がとても豊富に含まれているため
美容目的ですっぽんコラーゲンを摂取している人でも、
朝スッキリ起きられるようになったり、疲れが残らなくなったりという効果が実感出来るようです。
私の場合、すっぽんコラーゲンサプリを飲み始めて一週間ほどでガサガサが気にならなくなりましたが
同様に疲れにくくなってきたかなというのも感じました。
ただの思いこみという可能性もありますが・・・。
でも産後は免疫力が低下したり、体調を崩しやすくなるとよく聞いていましたが
特に目立った不調もなく過ごせているのはやっぱりすっぽんコラーゲンサプリのおかげかなと思います。
これからも続けていこうと思っています。